MENU

相続税を節約するならば不動産を買っておくと良い?

相続税は節約する方法があるため、それを知っているとお得に相続を行うことができますから、そういった方法を覚えておくことは有効と言えます。
相続税を節約するには、不動産を買っておくという方法があります。
現金をそのまま相続するよりも不動産を相続させた方がお得になるケースが多くあるからです。
不動産自体は当然相続して嬉しいものですし、現金と同等の価値があるものでしょう。
したがって、現金を相続させても良いのですが、あえて不動産に変えてから相続をするというのも優れた1つの方法になると思います。
不動産の方が現金よりも節税対策になる理由としては、税金を計算するときのやり方の問題に起因します。
不動産の評価額はそもそもどうやって決まるのか?というと、固定資産台帳または路線の評価額などをもとにして決めるため、不動産そのものの価額とは異なる金額が出やすくなり、中には不動産の価額よりも安くなることがあるのです。
そのため、結果として現金をそのまま相続させるよりも、不動産を買って、それを相続させた方が払う税金が安くなると言えますから、相続税対策になるということになります。
大きなお金がある家庭の場合には不動産を購入するという選択肢も考えてみてはどうでしょうか?